メニュー

【耐震リフォーム】所得税の控除(投資型減税) | 株式会社垣﨑住設

株式会社垣﨑住設
フリーダイヤル 0120-970-326

【耐震リフォーム】所得税の控除(投資型減税)

【耐震リフォーム】所得税の控除(投資型減税)

制度期間:令和3年12月31日まで

住まいの耐震性を高めるためにリフォーム工事を行うと、所得税の控除を受けることができます。

耐震リフォームの減税制度には、➊投資型減税、➋住宅ローン減税の2種類の制度があり、この投資型減税はリフォームローンの利用有無にかかわらず利用することができます。
※償還期間10年以上のリフォームローンをご利用の場合は【住宅ローン減税】をご覧ください。

減税の対象は、基礎の補強,屋根の軽量化,壁の補強,接合部の補強,傷んだ部分の交換などを行う工事が耐震リフォームとして扱われます。

ただし、耐震性を高めるのであれば、どんな内容でも良いという訳ではありません。
現行の耐震基準に適合させる工事のみが減税制度の対象となるため、昭和56年6月1日以降に建築された住まいは、対象にならないので注意してください。


耐震リフォームの投資型減税
控除期間 1年 改修工事を完了した日の属する年分
最大控除額 25万円
控除額   ➊、➋のいずれか少ない額  ×  10%
___➊国土交通大臣が定めるリフォームの種類別の標準的な工事費用相当額
____-補助金等
___➋250万円(控除対象限度額)
対象となる
改修工事の種類
・現行の耐震基準に適合する耐震改修工事であること
住宅等の要件 ・自ら居住する住宅であること
・昭和56年5月31日以前に建築されたものであること

 


では、実際に耐震リフォーム工事をした場合、
どのくらいお得にリフォームできるのか、一例をご紹介いたします。

S様邸(涌谷町) 耐震改修工事事例

 工事内容 

  • 梁、土台、柱、筋交いなどの接合部に耐震金物を取り付ける工事
  • 外部壁に耐力面材を貼り付ける工事

 リフォーム工事金額   512万円(税込)・・・ ➊  ※控除対象限度額250万円・・・➋

・・・・・ ➊,➋のいずれか少ない額  ×  10% 
・・・・・= ➋ 2,500,000円       ×  10%    =    250,000円

◆基礎補強工事◆

耐震金物を取り付ける工事

柱と梁の接合部

◆外部壁に耐力面材を貼り付ける工事◆

耐力面材を貼り付ける工事

 

S様邸(涌谷町) 耐震改修工事事例

 工事内容 

  • 布基礎からベタ基礎へ変更する工事
  • 梁、土台、柱、筋交いなどの接合部に耐震金物を取り付ける工事
  • 内部壁に耐力面材を貼り付ける工事

 リフォーム工事金額    418万円(税込)・・・ ➊  ※控除対象限度額250万円・・・➋

・・・・・ ➊,➋のいずれか少ない額  ×  10% 
・・・・・= ➋ 2,500,000円       ×  10%    =    250,000円

◆基礎補強工事◆

布基礎からベタ基礎へ変更する工事

 → 

◆内部壁リフォーム工事◆

耐震金物を取り付ける工事

 
柱と梁の接合部・土台と柱、筋交いの接合部

耐力面材を貼り付ける工事

 

A様邸(涌谷町) 耐震改修工事事例

 工事内容 

  • 隅部を壁にする工事

 リフォーム工事金額   176万円(税込)・・・ ➊  ※控除対象限度額250万円・・・➋

・・・・・ ➊,➋のいずれか少ない額  ×  10%
・・・・・= ➊ 1,760,000円       ×  10%    =    176,000円

◆外部壁リフォーム工事◆

隅部を壁にする工事


≪Before≫


≪工事中≫


≪After≫

※実際に控除額を計算する場合は、
国土交通省が定めた標準的な工事費用をもとに工事代金を算出し、
控除対象限度額(250万円)と比較をして、どちらか少ない額の10%が控除されます。

 

次に、耐震リフォーム減税を利用するための、様々な条件をご紹介いたします。

対象となる主な工事内容

①基礎の補強

  • 布基礎からベタ基礎にする工事
  • 既存のコンクリート基礎の増し打ち

②接合部の補強

  • 耐震金物を取り付ける(土台・柱・筋交い・梁)

③壁の補強

  • 壁面を増やす(開口部を減らす)
  • 筋交いを増やす
  • 構造用合板で補強する
  • 隅部を壁にする

④屋根の軽量化

  • 瓦を軽い屋根材に葺き替える

⑤その他の補強

  • シェルターの取付
2020年06月28日 【カテゴリー】リフォームでお得に減税
お問い合わせは今すぐ!0120-970-326