メニュー

【住宅ローン減税】所得税の控除 | 株式会社垣﨑住設

株式会社垣﨑住設
フリーダイヤル 0120-970-326

【住宅ローン減税】所得税の控除

【住宅ローン減税】所得税の控除

制度期間:令和3年12月31日まで

一定の要件を満たした増改築・リフォーム工事を行って、償還期間10年以上のリフォームローンを組んだ場合に、所得税の控除を受けることができます。

住宅ローン減税
控除期間 改修後、居住を介した年から10年
最大控除額 400万円(40万円/年 × 10年間)
1年間の控除額 改修工事費用相当分の年末ローン残高-補助金等 × 1%
対象となる工事 ・次の第1号~第6号工事のいずれかに該当する改修工事で、建築士などに
_より証明(増改築等工事証明書)がされたものである
___第1号工事:増築、改築、建築基準法に規定する大規模な修繕または模様替え
___第2号工事:マンションの区分所有する部分で、床または階段・間仕切り壁・
_________主要構造部である壁のいずれかのものの過半について行う修繕ま
_________たは模様替え
___第3号工事:居室・調理室・浴室・便所・その他の室(洗面所・納戸・玄関
_________・廊下)のいずれかの床または壁の全部についての修繕または
_________模様替え
___第4号工事:一定の耐震基準に適合させるための修繕または模様替え
___第5号工事:バリアフリー改修工事(以下の➊~❽のいずれかの工事)
__________➊ 通路または出入口の拡幅  ➋ 階段の勾配の緩和
__________➌ 浴室の改良  ➍ 便所の改良  ➎ 手すりの取付け
__________➏ 段差の解消  ➐出入口の戸の改良
__________❽ 滑りにくい床材料への取替え
___第6号工事:省エネ改修工事(以下の➊または➊の工事と併せて➋~➍の工事)
__________➊ 全ての居室の全ての窓の断熱性を高める工事
__________➋ 天井及び屋根の断熱改修  ➌ 壁の断熱改修
__________➍ 床の断熱改修
・対象となる改修工事費用から補助金等の額を控除した後の金額が100万円超
_である
・居住部分の工事費が改修工事全体の費用の1/2以上であること
_(併用住宅の場合)
住宅等の要件 ・自ら所有し、居住する住宅であること
・改修工事後の床面積が50㎡以上であること
・床面積の1/2以上が居住用であること(併用住宅の場合)
・その年の合計所得額が3,000万円以下であること
・改修工事完了後6ヶ月以内に入居すること

 

2020年07月7日 【カテゴリー】リフォームでお得に減税
お問い合わせは今すぐ!0120-970-326