メニュー

凍害のため外壁塗装できなかった外壁を、アクセント壁に一列張替え及び全塗装工事(トタン屋根・外壁・軒天・破風・雨樋) | 株式会社垣﨑住設

株式会社垣﨑住設
フリーダイヤル 0120-970-326

凍害のため外壁塗装できなかった外壁を、アクセント壁に一列張替え及び全塗装工事(トタン屋根・外壁・軒天・破風・雨樋)

凍害のため外壁塗装できなかった外壁を、アクセント壁に一列張替え及び全塗装工事(トタン屋根・外壁・軒天・破風・雨樋)

大崎市古川 金五輪地区 S様邸

●全面塗り替え工事
【屋根】AGCコーテック:2液フッ素塗料「ボンフロン」使用
=屋根塗装工程=
・高圧洗浄
・サビ止め
・中塗り
・上塗り

【外壁】水谷ペイント:無機系塗料「ナノコンポジットW」使用
=外壁塗装工程=
・高圧洗浄
・シーリング工事
・下塗り(水谷ペイント:ナノコンポジットシーラーⅡ使用)
・中塗り
・上塗り

外観

《Before》                                                       《After》

  ➡  

  ➡  

《工事中》                                               《After》

   ➡  

S様邸の全塗装工事の特徴は、北側外壁の一部分が酷く凍害していた事から、お客様のご要望で、外壁を一列張替えてアクセント壁にしてしまう事となりました。北側の外壁がとても目立つ位置にある為、とてもアクセント壁が引き立つ住まいに生まれ変わりました。

屋根塗装工事
屋根塗装工事・施工の様子

1.高圧洗浄
屋根の表面の汚れを高圧洗浄で洗い流します。この洗浄機、間違ってしまうと手が切れてしまうくらい圧力が掛っていますので、しつこい汚れもしっかりと除去できます。

 

 

 

 

 


2.サビ止め
トタン屋根の場合、下塗りにサビ止め塗料を塗ります。サビ止めはトタン屋根のサビを抑制する事はもちろん、下地と塗料の密着を良くしてくれます。

中塗り・上塗りにボンフロンを使用する場合のサビ止めは、フッ素塗料用の2液サビ止めを塗布します。

 

 

 


3.中塗り(上塗り1回目)
上塗り塗料は2回塗る事で、塗料の効果を発揮する厚みになる為、2回塗ります。特に屋根は紫外線を真っ向に浴びますので、この塗膜の厚みが、とても大事なのです。

 

 

 

 


4.上塗り(上塗り2回目)
さらに上塗り2回目を塗布することで、塗料メーカーの推奨仕様に基づく塗膜の厚みを確保し、美しく、耐水性、耐久性のある屋根塗装に仕上がります。

 

 

 

 

  外壁塗り替え工事  
外壁塗装工事・施工の様子

1.下塗り
窯業系サイディングの下塗りにはシーラーを使用します。シーラーはサラサラした液体で外壁材によく染み込ませることで、外壁そのものを固く強化するしてくれます。また、外壁の表面がツルツルして中塗り・上塗り塗料の密着をよくしてくれます。

 

 

 


2.外壁塗装
①中塗り(上塗り1回目)       ②上塗り(上塗り2回目)

  
外壁塗装には水谷ペイントの『ナノコンポジットW』という無機系塗料を使用しました。
この塗料はタイルなどと同じ樹脂で作られた塗料です。タイルは半永久的に持つと言われており、その様な樹脂で作られているので、とても持ちの良い塗料です。

破風塗り替え工事
破風塗装工事・施工の様子

①高圧洗浄               ②サビ止め
  
③中塗り                ④上塗り
 
破風のトタン部分を塗装する場合、サビ止めを塗らない業者もあるようですが、
当社では屋根塗装と同様に鉄部にはしっかりとサビ止め塗料を塗ってから、中塗り、
上塗り塗料を塗っていきます。

軒天塗り替え工事
軒天塗装工事・施工の様子

軒天塗装
①高圧洗浄                ②下塗り
 
③中塗り                 ④上塗り
 
軒天塗装には「アレスセラマイルド」という軒天用の塗料で塗装しました。
アレスセラマイルドの特徴は、カビや藻の発生を防止する効果があるので、
湿気の多い軒天などの塗装に最適な塗料です。

外壁張替え工事

一部外壁張替え

《工事中》              《After》

アクセントに外壁一列を張り替える事となりました。工務店の強みを活かせば、この様に一味も二味も違う全塗装工事が可能になります。

お問い合わせは今すぐ!0120-970-326